費用

着手金0円、完全成功報酬、全国対応!
安心の「報酬上限」を設定!
※他の社労士事務所では、報酬が100万円以上となるケースも多々あります。
①<障害認定日・事後重症請求の場合>
・障害基礎年金のみ
→上限:125,000円(税込)
・障害基礎年金+障害厚生年金
→上限:220,000円(税込)
+追加割引あり
②<障害認定日請求の場合>
・障害基礎年金のみ
→上限:220,000円(税込)
・障害基礎+障害厚生年金
→上限:330,000円(税込)
+追加割引あり
※2年以上の遡及請求しない場合は、上記①が報酬上限になります!
<追加割引できる手順>
①電話orオンライン相談(無料)
②依頼の意思確認
③本人確認・契約書の締結(オンライン契約書)
ラインorメールで契約書の送付と同意
④委任状の当方からの郵送と返送
⑤年金記録の確認、診断書等の準備と当方への送付
⑥請求資料一式の作成と確認
⑦年金事務所に請求書提出→障害年金の入金
→当方への報酬の入金


障害年金は、病院の診断書の取付等、遠隔地の病院や過去10年前の資料の収集が必要な場合も多々ございます。

当事務所では、上記のような案件も数多く対応しております。
障害年金でお困りのことは何でもお気軽にご相談ください。

通常の申請手続き(障害年金裁定請求)

※報酬は事務手数料+報酬(①、②、裁定請求のみ③のいずれか高い金額になります)

裁定請求サポート

①年金の2.2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税込)
②遡及された場合は①に加え、初回年金入金額の10%(税込)
③110,000円(税込)
※年金加入要件のチェックのための年金記録は無料でサポート致します。
※2回目以降のサポートでは事務手数料は不要です。

審査請求

①年金の3.3ヶ月分(加算分を含む)相当額(税込)
②遡及された場合は①に加え、初回年金入金額の15%(税別)
※2回目以降のサポートでは事務手数料は不要です。

再審査請求

①年金の3.3ヶ月分(加算分を含む)相当額(税込)
②遡及された場合は①に加え、初回年金入金額の20%(税別)
※2回目以降のサポートの場合
事務手数料11,000円+受給が認められた場合の報酬

更新

①年金の1.1ヶ月分(加算分を含む)相当額(税込)
②5.5万円(税込)
※2回目以降のサポートの場合
事務手数料1万円+受給が認められた場合の報酬

額の改定請求

①年金の2.2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税込)
②11万円(税別)
※2回目以降のサポートの場合
事務手数料1.1万円+受給が認められた場合の報酬

支給停止事由消滅届

①年金の2.2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税別)
②11万円(税込)
※2回目以降のサポートの場合
事務手数料1.1万円+受給が認められた場合の報酬

結婚・出産
に伴う加算請求

①加算額の1.1ヶ月分相当額(税込)
②2.2万円(税込)
※2回目以降のサポートの場合
事務手数料1.1万円+受給が認められた場合の報酬

老齢厚生年金の
障害者特例

①年金の2.2ヶ月分(加算分を含む)相当額(税込)
②11万円(税込)
※2回目以降のサポートの場合
事務手数料1.1万円+受給が認められた場合の報酬

その他

・日当:1回につき11,000 円(税込)+交通費実費
(病院同行や出張訪問、診断書の受け取り代行など)
・2回目以降の相談:1回につき1万円(税込)
・2回目以降の出張相談+交通費実費
・事務手数料(22,000円(税込)):郵送費・電話代・年金加入条件の確認調査にかかる交通費等必要経費
(原則前払いになります)

ページ上部へ戻る